講談社 野間記念館 講談社 野間記念館

文字サイズ

展示内容・予定 exhibitions

2018年9月8日(土) ~ 10月21日(日)

横山大観と再興院展の仲間たち展

平成30年(2018)に、生誕150年、没後60年を迎えた、横山大観(1868~1958)。
明治、大正、昭和にわたり日本画の革新運動を牽引し続けた近代日本画を代表する画家であり、その90年にわたる生涯は、新日本画創造のために費やされたといっても過言ではありません。
近代日本画の巨星が描きだした作品は、今も私たちに感動を与え続けています。大観の画業がもっとも充実したとされる大正期。彼は、亡師・岡倉天心の意志をつぐとして、大正3年(1914)日本美術院を再興しました。
大観が院の仲間と活躍している頃、野間清治は、野間コレクションの収集をはじめています。今回の展示では、大観の作品と院に集った画家たちの佳作をあわせてご覧いただきます。

主な展示作品

横山大観《杜鵑》《暁山雲》《葵》《千代田城》《春蘭》《羽衣・不盡山・三保》《月明》 ほか
小林古径《鉢の木》・安田靫彦《上宮太子》・山村耕花《孟宗》・川端龍子《鯉》・中村岳陵《西行銀猫図》・速水御舟《菊花》 ほか

開 館 :
午前10:00~午後5:00 ※入館は午後4:30まで
休 館 :
展示期間中の月・火曜日(祝休日の場合は水曜日以降に振り替え)2018年9月19日(水)、26日(水)、10月10日(水)10月22日(月)~10月26日(金)は、休館となります。
料 金 :
一般 500円 | 学生 300円 | 小学生以下無料
割 引 :
20名様から団体割引あり(要・事前連絡) 障害者手帳提示者および同伴者1名様 無料

※展示作家・作品は変更する場合があります。

Page Top