講談社 野間記念館

イベント

期間

竹内栖鳳と京都画壇

竹内栖鳳と京都画壇

わが国の豊かな文化の中心として、連綿たる歴史を紡いできた京都。明治以降、新しい日本画の創造を追求していく歩みの中でも、京都画壇は重要な役割を果たしています。江戸時代以降円山派、四条派などの伝統のもと写生を重んじる京都では、西欧から流入する写実的絵画とその技法への対応が比較的容易で、明治中期以降多くの若手画家たちが頭角をあらわしていきました。 伝統を尊びながら進取の気風を抱き続ける京都の美意識。今回の展示では、東の横山大観に対して、西の栖鳳と称される、京都画壇の巨星、竹内栖鳳とその門下である上村松園、土田麦僊、小野竹喬といった俊英たちの佳作を。さらには、当時栖鳳の好敵手と認められていた山元春挙とその弟子、川村曼舟、梥本一洋らの作品世界をご堪能いただきます。


> > 詳しくはこちら

期間

近代日本の画家たちが描く歴史画展

近代日本の画家たちが描く歴史画展

明治初期、文明開化の波に覆われた日本。西欧一辺倒の近代化が進む中、やがてその反動とも言えるように日本の伝統や文化を回顧する機運が高まりを見せたのもまた歴史の必然かもしれません。そのような時代に、日本ならびに東洋の歴史に登場する人物や事件、神話、物語などに取材して描かれた歴史画には、日本人が培ってきた美意識、心情、道徳といった、大和ごころともいえる美が表現されています。 大正末から昭和初期にかけて、娯楽と教養を旨にまさに一世を風靡していた講談社の雑誌でも、多くの歴史画が表紙・口絵に掲載されて、人々に歴史画の美しさを伝えました。
本展示では、近代日本の歴史画家たちの佳作をはじめ雑誌『キング』の口絵や付録の原画類から、当時の時代背景とともに、私たちの魂のルーツとも言える歴史の浪漫に興じていただきます。


> > 詳しくはこちら


  • 野間記念館について
  • 所蔵品
  • 展示内容・予定
  • ご利用案内
  • 交通案内
  • 館内のご案内
  • リンク
  • サイトマップ
  • スタッフブログ